まち興しでマラソン大会花盛り

田沢湖マラソン

各自治体でマラソン大会が花盛りだ。中でも9月から10月は秋田県内でも各地で開催される。ランナーもファッショナブルで、東京マラソンで特に女性の間で一気に火がついた。

マラソン大会の開催理由はまち興し。まちに県内外から1日で数千人も集まるのは、花火大会や人気アーティストのコンサート以外にはそうないからだ。マラソン大会は午前中に行なわれることから、県外客の宿泊にもつながる。また特産品のPRの場でもある。国際的なホノルルマラソンなどは航空会社が仕掛けたものだ。団塊の世代の参加者も多いのも特徴だ。

ただし経費削減で消滅したマラソン大会もある。旧雄和町で開かれていた秋田県民マラソン大会。

2012,09,17, Monday
関連記事