秋田県在住の画家・小山内愛美 日本画展

秋田県在住の画家・小山内愛美 日本画展

秋田県男鹿半島で活動する日本画家・小山内愛美(おさないめぐみ)さんの10周年特別個展が12月8日・9日開催される。東京・大阪・札幌など全国の百貨店で開催された個展「-月に魅せられて-」で好評のシリーズを始め、初期作品も展示する。進化する彼女の魅力的な世界が楽しめる。

2018,12,02, Sunday

今、秋田のホットスポットとは!

今、秋田のホットスポットとは!

写真に浮かび上がっている窓のサインは誰が書いたものでしょうか? それは・・・。

今、秋田でとっても話題の人気スポットと言えば、秋田港のポートタワー・セリオン3階の高層展望ホール。この日もたくさんの人々が次々とポートタワーに訪れ、目的の写真を撮っていました。

と、いうのは、今年夏の甲子園で準優勝し全国的に大きな話題となった吉田輝星投手の自筆のサインがポートタワー・セリオン3階展望ホールの窓にあるからです。北海道日本ハムファイターズとの仮契約日にサインしたものです。老若男女が次々に訪れ楽しそうに写真を撮っていました。

2018,11,21, Wednesday

金足農業高校の大活躍、今も余韻残る

金足農業高校の大活躍、今も余韻残る

幾多の接戦を制し決勝進出をはたした金足農業高校の甲子園での大活躍は、大会後も各地に余韻が残っています。「感動をありがとう」の垂れ幕があちこちで見られます。写真は金足農業高校近くの追分駅です。

2018,08,28, Tuesday

豊かで深い感性 77歳の秋田の詩人

豊かで深い感性 77歳の秋田の詩人

秋田県在住の詩人・吉田慶子さんがこのほど吉田慶子詩集「七七始終悔い」を出版されました。吉田さんは77歳喜寿になります。詩集には豊かで深い感性が染みわたっています。秋田の本来の豊かさとは、こういう素敵な感性が息づいていること・・あらためて確認できる詩集です。吉田慶子さんは秋田県現代詩人協会会長。

2018,06,06, Wednesday

秋田港にクルーズターミナルとクルーズ列車

秋田港にクルーズターミナルとクルーズ列車
秋田港にクルーズターミナルとクルーズ列車

秋田港の交流拠点整備が進んでいる。このほどクルーズターミナルと市内・県内を結ぶ交通網が整備された。秋田・能代・船川港へのクルーズ船の寄港回数は増大傾向にある。クルーズ列車「秋田クルーズ号」(キハ48 形)も運行開始した。4月18日にはクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス(乗客定員2706人)が寄港した。国内の港の中には300回を超える寄港地もあり今後さらに期待が集まる。

2018,04,19, Thursday